ジョナサン・ジョースター

第一部の主人公。由緒ある英国貴族・ジョースター家の一人息子で、父であるジョージ・ジョースター卿から厳しい教育を受けた紳士。己の信ずる正義のため、どんな困難にも立ち向かうことができる勇気と覚悟を持つ生真面目な熱血漢。

子供の頃は周囲の友達や愛犬のダニーと楽しい生活を送っていたが、ディオ・ブランドーがジョースター家の養子としてやって来たことによりその生活は一変。

父親からは成績優秀、礼儀作法も完璧なディオと常に比べられるようになり、ジョースター家の財産乗っ取りを企むディオの陰湿な嫌がらせにより周囲から孤立し、ついには愛犬のダニーまでも殺されてしまう。

7年後、心身共に成長したジョナサンは大学ラグビーで活躍する一方で考古学を学び、母の形見でもある「石仮面」を研究していた。ディオとも表面的には親友とも呼べる仲になっていたが、幼いころの体験からかディオに対して友情を感じられずにいた。

そんな中、ディオがジョースター卿を病死に見せかけて毒殺しようとしていることに気づき、それを阻止するとともに証拠と解毒剤を探すため食屍鬼街(オウガーストリート)に赴いた。無事ディオに薬を売った人物を見つけ出し、ディオを殺人容疑で警察に引き渡そうとしたが、追い詰められたディオは石仮面の力で吸血鬼となる。

重症を負いながらもディオを退けたジョナサンだったが退院後、「石仮面」を追う「仙道(波紋)の達人・ウィル・A・ツェペリと出会い、ディオが生きていることを知る。これ以上石仮面による被害を増やさないため、ジョナサンは波紋を学びながら、ツェペリ、スピードワゴンとともにディオを追うことになる。

能力チャート

  • 身体能力
  • 身長195cm、体重105kgの巨漢でラグビーでは3人のタックルを受けたまま前進するほどのパワーと根性が見せた。タルカスとの戦いでツェペリの全生命力を受け継いでからはさらにパワーアップし、チェーン首輪デスマッチの鋼鉄の首輪を素手で破壊するほどとなっている。

  • 戦闘技術
  • 本格的な戦闘の心得があったわけではなく、波紋の修行期間も短かったため不慣れな部分も多いが、とっさの機転とそれを実行に移す勇気は人一倍強かった。

  • 人望
  • 大学ではヒーロー的存在となっており、さらにはその人柄からもともと敵であったスピードワゴンを男惚れさせてしまったり、歴史上の英雄である黒騎士ブラフォードにも認められるなど、優れた人物だった。

  • カリスマ性
  • 危険に身を投じる際は危害が及ばないよう人を遠ざける性格であり、ツェペリとは師弟関係にあったとはいえ素直に付き従っていたことからも、人を率いることにはやや不向きな性格だったと思われる。

  • 頭脳
  • 高等な教育を受けていたこともあってか考古学に限らず豊富な知識を持っており、ブラフォードとの戦いで地学を活かしたこともあった。特筆すべきはその機転の良さであり、ディオのような計算高さこそないものの、不利な局面をとっさに意外な打開策を用いて突破することも多かった。

プロフィール

  • 生年月日:1868年4月4日
  • 血液型:A型
  • 身長:195cm
  • 体重:105kg
  • 国籍:イギリス

必殺技

ズームパンチ

ジョナサンが最初にマスターした波紋技。間接を外して腕のリーチを伸ばすパンチで、その際の痛みを波紋で和らげている。

山吹き色の波紋疾走(サンライトイエローオーバードライブ)

言わずと知れたジョナサンの代名詞。相手の体に直接触れて波紋を流し込む、最も強力な波紋技。

銀色の波紋疾走(メタルシルバーオーバードライブ)

金属を伝って相手に波紋を流し込む技。ブラフォードとの戦いで使用した。

青緑波紋疾走(ターコイズブルーオーバードライブ)

水中のための波紋技。波紋が水中を伝わるのは容易く、水中ならば比較的遠距離まで波紋を伝えることができる。

緋色の波紋疾走(スカーレットオーバードライブ)

炎の波紋。ブラフォードの髪の毛で縛られた左手を開放するために使用した。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加