イギー

ジョースター一行の助っ人として、スピードワゴン財団のヘリコプターでエジプトに連れて来られたスタンド使いの犬。当初はDIOに関心もなく、無理矢理連れてこられたこともあって非協力的だったが、ペット・ショップとの戦いで傷を負わされたことをきっかけにDIOを恨み、自身の平和な一生のためにもDIO打倒を決心した。

血統書付きのボストン・テリアとして生まれ大金持ちに買われたが、成長するにつれ人間をあまりにもマヌケだと思うようになり家出。ニューヨークでノラ犬の帝王として君臨し、ノラ犬狩りにも決して捕まらなかったのを、アヴドゥルが見つけてやっとの思いで捕まえた。

人間の髪を大量にムシリ抜くのが大好きで、髪の毛をむしるとき人間の顔の前で「屁」をするのが趣味。好物はコーヒー味のチューインガムで包み紙ごと食べてしまうほどに大好き。

イギーとしては気ままにちょっと贅沢して、いい女と恋をして何のトラブルもない平和な一生を送りたいと願っており、エジプトに無理矢理連れて来られ無関係なスタンド使いと戦わされるなどまっぴらだった。

しかし偶然DIOの館を見つけてしまい、その際ペット・ショップに2頭の大型犬が殺害される。さらにその飼い主の少年が飼い犬を探しにDIOの館に接近してしまったことをきっかけに「犬好きの子供は見殺しにはできない」という理由で交戦。

辛くも勝利したものの左前足を失う重症を負わされ、傷を負わされた恨みと、自分がこんな目に遭うのはDIOとかいうヤツのせいだという思いからDIO打倒を決意。一行をDIOの館に案内した。

DIOの館ではポルナレフとともにヴァニラ・アイスと戦い、重症を負わされながらも最後の力を振り絞って愚者(ザ・フール)を発動しポルナレフの命を救ったが、この行動によって力尽きて死亡した。

能力チャート

  • 身体能力
  • 小型犬のため人間のようなパワーはないもののなかなかすばしっこい。また、犬であるため嗅覚が発達しており、4kmも離れていたンドゥールの位置を察知したり、隠れていたケニーGを見つけるなど索敵能力に優れている。

  • 戦闘技術
  • 戦いを望んではいなかったが十二分に自身のスタンドを使いこなしており、ペット・ショップを撃破し、ヴァニラ・アイスを倒すことにも大いに貢献した。

  • 人望
  • 一見自分勝手で気ままなノラ犬だが、イギーからすれば無理矢理エジプトに連れてこられスタンド使い同士の戦いに巻き込まれた形であり、その点は承太郎にも気の毒に思われていた。DIOの館までは非協力的な姿勢だったが一行から嫌われていたわけではなく、ポルナレフもその死を悼んでいた。

  • カリスマ性
  • ニューヨークではノラ犬の帝王として君臨していたボス犬であり、プライドが高く、人間に対しても決して下手に出ることはない。そしてそれが許されるだけの力を持っていた。

  • 頭脳
  • 人間に劣らない知力と観察眼を有しており、ペットショップに狙われた際はバカな振りをしてその場を逃れるといった知恵を働かせている。しかしチューインガムに釣られてエジプトに連れてこられてしまったのはマヌケであった。

プロフィール

  • 出生地:U.S.Aニューヨーク
  • 生年月日:不明
  • 血液型:不明
  • 体長:33.3cm
  • 種族:犬。品種はボストン・テリア。
  • 職業:ルンペン(浮浪者)
  • 好物:コーヒー味のチューインガム
  • 好きな人:なし
  • 家族:独身
  • 趣味:靴集め
  • 性格:最悪
  • 知能指数:かなり高いようである。
  • 癖:人の髪の毛を口で毟りながら、顔面に屁をする

スタンド 愚者(ザ・フール)

砂の性質を持つスタンドで、像は砂が固まってできたもののため物理的な攻撃ではダメージを受けない。像をかたどっている砂を変形させて様々な形に変形させることができ、翼を作ってグライダーのように滑空したり、偽物のDIOの人形を作り出すといったことも可能。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加