ナチスの科学は世界一チイイイイ!!

特徴的なものが多いルドル・フォン・シュトロハイムのセリフの中でも特に有名な名セリフ。高慢で自惚れの強い性格と祖国への狂信的な誇りが合わさり、シュトロハイムの絶妙なハイテンションから繰り出されるこのセリフは読者の心を鷲掴みにした。

シュトロハイムが原作中で「世界一ィィィ!」のセリフを放ったのは下記の計3回あり、それぞれ混同されがちである。

だが我がドイツの医学薬学は世界一ィィィ!できんことはないイイィーーーーーーッ!!

ドイツ軍は「柱の男」についての情報を聞き出すため死の淵をさまよっていたスピードワゴンを保護したが、彼が拷問で口を割るような男ではないことは知っていた。そのためシュトロハイムは世界一を誇るドイツの医学薬学によって作られた自白剤を用いてスピードワゴンから情報を聞き出した。

その後目覚めたスピードワゴンに対してシュトロハイムは上記のセリフを放った。

ブァカ者がァアアアア ナチスの科学は世界一チイイイイ!!サンタナのパワーを基準にイイイイイイイ・・・このシュトロハイムの腕の力は作られておるのだアアアア!!

サイボーグ化したシュトロハイムに対し、カーズは当初「機械など相手になるか!」と見くびっていた。しかしナチスが持つ世界一の科学力によって作られたサイボーグの力は伊達ではなく、サンタナのパワーの約2倍もある指の力でカーズの手の肉を引きちぎってみせた。

我がナチスの科学力はァァァァァァァアアア世界一ィィィイイイイ

カーズの光の流法「輝彩滑刀」によって真っ二つにされエイジャの赤石も奪われたシュトロハイムだったが、それでもなお諦めてはおらず右目に仕込まれた紫外線照射装置の一撃を浴びせる。これに怯んだカーズはとっさに赤石を手放してしまった。

日常での使い方

「◯◯の××は世界一ィィィ!」。

非常に改変しやすく使いやすいセリフのためジョジョの代表的なパロディの一つとなっている。日常でも何かを自慢したいときや強調したい時などいくらでも使える。

使用例

  • ナチスの科学は世界一チイイイイ!!
  • 我が鼻毛の長さは世界一チイイイイ!!
  • この俺の寝相の悪さは世界一チイイイイ!!

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加